【上肢/正中神経・尺骨神経・橈骨神経】

上肢の神経たち

腕神経叢

腕神経叢とは、頚椎のC5~8と胸椎のから出る神経の前枝によって構成される神経叢のことです。

叢とは、小集団が集まるというような意味です。

首から出た神経は、前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉と、第一肋骨の隙間を通ります。

さらに、鎖骨の下を通り抜け、小胸筋の後ろを潜り、腋窩にいき、上腕・前腕などの上肢に分布して行きます。

胸郭出口症候群とは…

この斜角筋の間・第一肋骨と鎖骨の間・小胸筋の後ろのところで絞扼されることで、痛みや痺れなどの症状がでることをいいます。

肩甲骨を下制する動きで悪化します。

肩をあげる姿勢をとる人の場合、この腕神経叢の圧迫を避ける「鎮痛姿勢」という場合もあります。姿勢だけ見て、肩を下げましょうというのはやめた方がいいと考えられます。

正中神経

画像ではグリーンの神経です。

頚椎のC5〜胸椎のT1から出て、腕神経叢となり、正中神経になる感覚&運動神経です。途中、前骨間神経、総掌側指神経、固有掌側指神経に分枝します。

筋肉では、前腕の屈筋、回内筋などを支配しています。

円回内筋症候群とは…

肘あたりにある円回内筋に、前骨間神経が圧迫されることで、痛みや痺れなどが生じます。人差し指と親指が曲げにくくなります。前骨間神経障害ともいいます。

手根管症候群とは…

手首の手根管という部位で、骨や靭帯に圧迫されることで、痛みや痺れなどが生じます。母指球の萎縮がみられます。

ゆるめるには…

仰向けに寝た状態で、手と肘を屈曲させ、首をかるく同側に傾けるとテンションがゆるみます。

尺骨神経

頚椎のC7〜胸椎のT1から出て、腕神経叢となり、その後、尺骨神経となる感覚&運動神経です。途中、背側指神経、総掌側指神経、固有掌側指神経に分枝します。

筋肉では、尺側手根屈筋などを支配します。

肘部管症候群とは…

肘にある溝を通る時に圧迫され、手首を含めた小指側に、痛みや痺れなどが生じます。

ギオン菅症候群とは…

手首にある、ギオン菅という所を通る時に豆状骨などで圧迫され、手首より先の小指の辺りで、痛みや痺れなどが生じます。

ともに鷲手という手の指の形になります。

ゆるめるには…

仰向けに寝た状態で、肘を伸ばし、首を軽く同側に傾けるとテンションがゆるみます。

橈骨神経

頚椎のC5~胸椎のT1から出て、腕神経叢となり、その後橈骨神経となる感覚&運動神経です。

途中、後上腕皮神経、下外側上腕皮神経、後骨間神経、後前腕皮神経、背側指神経に分枝します。

筋肉では、上腕と前腕の伸筋、回外筋などを支配します。

回外筋症候群とは…

肘の辺りで、回外筋により後骨間神経が圧迫され、痛みや痺れなどが生じます。後骨間神経障害ともいいます。下垂手という、手指が垂れ下がるような状態になります。

ハネムーン症候群とは…

腕枕を相手にした状態で長時間放置すると、上腕の橈骨神経が圧迫され、痛みや痺れなどが生じます。

ゆるめるには…

仰向けに寝た状態で、手を胸に置けば自動的に肘が軽く曲がります。その時に少し親指の力を緩め、浮かすようにするとテンションが緩みやすくなります。

まとめ

このように、指先から首まで分布している神経により、肩こりや首の痛みの原因の一つは、指や手の使いすぎがあると考えられます。

パソコンやスマートフォンを多用する現在、この3つの神経にフォーカスを当てることは、マニュアルセラピストにとって必須となるでしょう。

 カラー図解 人体の正常構造と機能〈9〉神経系2

上肢の神経


PAGE TOP