【末梢神経の血管/血液神経関門】

末梢神経への血管

末梢神経にも血管があります。その血管は神経上膜と並走しており、神経周膜や内膜を斜めに横切ります。

その斜めに進入する部分で絞扼され、血流が阻害されやすくなる場合があります。

ちなみに内膜より内側にはリンパはないので、老廃物の排出は静脈が担っています。

この下の図は神経にテンションががかった時の血管の図です。

このように赤い動脈や青い静脈にテンションがかかり、血流が阻害されます。

それにより痛みや痺れや感覚が鈍くなるといったことが起こります。

血液神経関門(blood-nerve barrier)BNB

脳を血液循環による弊害から守るための血液脳関門と同じように、末梢神経をガードする「血液神経関門」があります。

末梢神経の神経内膜や周膜の血管周細胞の働きにより、血管を循環する有害物質から神経を守ります。

外部からの物質が血管に入った場合、神経上膜の血管は通過しても、周膜の血管から中には殆ど入らない関門のことです。
周膜の毛細血管壁に存在していて、関所のような役割を担っています。

末梢神経は外傷に対して炎症反応を示すと、血管透過性が増し、血液から間質へタンパク質が漏れ、神経上膜に浮腫が起きます。

しかし周膜には到達しません。これは血液神経関門の影響により起こります。

バトラー・神経系モビライゼーション

末梢神経


PAGE TOP